ローマ暮らしのあれこれ


by soonik
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

猪肉ラグーソース レシピなど


c0385426_23260606.jpeg
トマト入りラグーソース(いわゆるミートソース)は、イタリア語で、トマトの色から赤のラグーと呼ぶ。
実は今まで、赤のラグーを美味しいと思ったことがなかった。
美味しいと思ったことがないので、当然作ることは稀で、作るとしてももっぱらトマトを入れない「白の」ラグーだった。
先日行ったお肉屋で、ラグーソースを作ろうと思うので、仔牛をミンチにして下さい、と頼むと、猪肉もありますけど、どうですか?と勧められて、言われるまま買ってしまった。
狩が解禁になるのが秋なので、買った肉は飼育されたものだけれど、なんとなく季節に影響されたのかもしれない。
猪肉なら赤のラグーが定番だ。まぁいいや、とトマト入りのラグーを作ることにした。
作ってみたら、これが思いもよらず美味しかった。

材料
人参 中一本 みじん切り
玉ねぎ 1/2個 みじん切り
セロリ 葉を除いたもの一本 みじん切り
猪肉 500グラム (牛肉でも、豚肉でも良いようなきがする)
赤ワイン 50ml
トマト(瓶詰めのカットトマトを使用)300ml
野菜出汁
ローズマリー 適量
ローリエ 1枚
ジュニパー 3粒
オリーブオイル 適量
塩・胡椒 適量

作り方
まずはみじん切りにした人参、セロリ、玉ねぎをオリーブオイルで炒める。
野菜がしんなりしてきたら、肉を加えて炒める。
肉の色が変わったら、赤ワインを加える。
アルコールが飛んだら、トマトを加え、ローズマリー、ローリエとジュニパーも加える。
塩と胡椒、野菜出汁を適量加えて、あとは1時間ほど煮るだけ。

野菜出汁は、冷蔵庫掃除のついでに作っておいたものを利用。
玉ねぎ、人参、ズッキーニ、トマト、パセリ等、野菜ならなんでも入れて弱火で1〜2時間ほっておいたら作れる出汁で、今年の夏、ヴェネトのレストランで教えてもらったもの。
茄子とピーマンだけは灰汁があるので、出汁の材料には向いていない。
市販の顆粒ブイヨンでももちろん大丈夫だけれど、自分で作った出汁の方が味に優しさが出るような気がする。
c0385426_23275703.jpeg

ラグーソースには、削ったパルミジャーノやペコリーノチーズをかけるのが定番だけれど、このソースはチーズはかけない方が、ソースの味を堪能できるような気がする。



by soonik | 2018-09-11 23:25 | 料理