ローマ暮らしのあれこれ


by soonik
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

果たして何処から

c0385426_21530365.jpeg
ローマのコンカ・ドーロ地区にある肉屋、オフィチナ・デル・グストは放牧、無農薬飼料で育った動物のお肉が揃う、グルメの間では知られたお店だ。
家から離れているので、しょっちゅう行く店ではないけれど、昨日はたまたま相方が近くにある時計の修理屋に行くというので、用事のあとによってもらった。
ショーウィンドウを除くと、ちょうど欲しいと思っていた、仔牛のレバーを発見。
この店の主人によると、「無農薬飼料は当たり前で、牛舎なんてものを知らずにサルデーニャで育った仔牛のもの」だそう。
いつも思うことだけれど、イタリア人の食に対するこだわりは何処からやってくるのだろう。
食材に関しては概して不自然なものを嫌い、遺伝子組み換え食品などもってのほか。
この肉屋で扱っているものは全て結構な値段がついているのに、客足に絶え間はない。
c0385426_21532663.jpeg
レバーはもちろん買って、家で早速ヴェネトにいる間に教えてもらったパテを作った。
来週は、ホロホロ鳥(もちろん無農薬飼料で育った)が到着するらしい。




[PR]
by soonik | 2018-09-11 19:40 | イタリア観察