ローマ暮らしのあれこれ


by soonik
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ソーセージ、イタリア的

c0385426_21353655.jpeg
イタリアでソーセージは、もちろんバーベキューにして食べることもあるけれど、パスタの具にすることも多い。
ソーセージを輪切りにするのではなく、皮を開いて中身だけをミンチ肉のように使うのだ。
お肉は粗挽きで、塩胡椒だけの味付けや、フェンネルの種を入れたり、唐辛子を練り込んだりしているものもある。
c0385426_21355212.jpeg
普通のミンチ肉と違うのは、塩胡椒がして腸詰にしているせいなのか、お肉自体にハンバーグのような風味がある。
手頃な具材になるので、なかなか重宝する材料なのだ。

今日は、近所のお肉屋さんで作っている豚肉と鶏肉を半々に使ったソーセージを買ってみた。
玉ねぎとズッキーニを炒めたところに、ソーセージ肉を加え、ほぐしながら、さらに炒める。
c0385426_21360935.jpeg
その後、出来心でカンネンリーニという白いんげん豆に似たものを足し、ズッキーニの花を割いたものと冷蔵庫にあったトリュフ入りバターを仕上げに加えると、「食べたー!」という満足感が高い一皿になった。
トリュフバターは、なくても十分美味しいはず。
次は赤ピーマンを入れてみようか。

c0385426_21362491.jpeg



by soonik | 2018-08-08 00:00 | 料理