ローマ暮らしのあれこれ


by soonik
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

美味しいには訳がある

c0385426_21274905.jpg
ローマでも私が住んでいる地区は、中心街から外れ正直言ってゴチャゴチャしてお世辞にもお柄が良いとは言えない。
大通りから横道に入っていくと、あちこちにゴミが溢れているし、(ま、これは、ローマ中どこでもそうなんだけど)ガイドに載っているようなお洒落なお店もない。
しか〜し、そんな混沌とした中、私のお気に入りのハム&豚肉屋兼パブのPork & Rollがあるのだ。
ここの豚肉は自社飼育でハムも添加物、保存料は使っていない。
今日は、店のお兄さんに、「プロッシュートの脂身の少ないものをください」と言うと、「脂身こそが美味しいですよ。全粒粉のパンと一緒に食べてみて」と諭され、かくして、脂身が白く美しく、しかも赤身よりも割合の多いものを持ち帰った。
少し温めた全粒粉のパンにプロッシュートをのせると、脂身がみるみる内に半透明になる。
口に運ぶと、得も云われぬ美味しさよ…。

c0385426_21282554.jpg
初めて、いわゆるロースハムも買ってみた。
顔面より大きいけど、味は素直で後口が良い。
調味が必要最低限なんだろう。
さすが、イタリア人、美味しいものを知り尽くしているなぁ、としみじみ思ってしまう。

ところで、イタリアもグローバル化の波を逃れず、外国の安い原材料を使用した食品が多い。
ハムも然り。イタリア産豚肉使用と謳いながら、じつは、東欧から生きたまま豚を国内に運び、屠殺し、加工するというメーカーもある。
でも、例えば、Pork&Rollのプロッシュートとスーパーで売っているものを食べ比べると、味の違いは歴然。
やっぱり、安いものには裏があるし、美味しいものには訳があるんだなぁ。



[PR]
by soonik | 2017-10-06 07:05 | 美味しいもの